To Engrish page  



DJI S1000  propeller guard

人口密集地などでドローンを飛行させる場合、 国土交通省にて許可・承認を得る必要があります。
その際、無人航空機の追加基準への適合性でプロペラガードの装着を推奨しています。
しかしDJIS1000用はメーカーより発売されていないので、自分用に作成しまし た。
3Dプリンターで試作を繰り返し、複製をRC ベルグに特注して完成したものです。

少量製作中にて、2セット(8枚)発送できる状態にあります。
ご注文は最下部のメールよりお願い致します。

少数ロット生産のため売り切れ後の制作には1-2ヶ月でご注文順の発送となります。
なお、現在制作しているプロペラガードはS1000+&S900専用で、S1000プレミア(旧型)に取り付けるには加工が必要です。




プロペラ径が同じS900にも装着することができました






爪を引っ掛けます

穴にタイラップを通し固定します

 取り付け方法


・S1000はプロペラ、アームが折りたたみ式のため、機体を

運搬することを考えた場合、プロペラガードは取り外し式が

望ましいです。現場でネジ式などで組み立てると、ネジの閉め忘れや

8枚のプロペラガード取り付けるため、時間がかかることを考慮し

タイラップで素早く確実に取り付ける方法としました。

これにより、8枚のプロペラガードを装着し、確実に装着されて

いることの確認時間を含め、約2分という作業時間で取り付けが

可能です。

 取り扱い上の注意

・強度を上げるため、ABS樹脂での一体成型品です。

・70度以上の温度で変形する可能性があります

・真夏の炎天下では、日陰で保管するなど、高温になりすぎないよう注意してください。

・常時の保管場所としても、著しく高温になる場所は避けてください。変形する恐れがあります。

 フライト前の確認事項

・クリアランスの目視チェック
プロペラガードを取り付けた後、すべてのプロペラを手で回し、
各プロペラガード間のクリアランス、プロペラガードとプロペラの間のクリアランスが十分にあるか、すべてが均一な間隔であるか、
目視で確認を行ってください。



・地上でのベンチテスト
実際に飛行させる前に地上にてテストを行います。スキッドに重りなどを置き、機体が動かないようにします。モーターを起動し、
プロペラを回します。徐々に回転数を上げ、プロペラガードに共振などがないか、チェックします。このとき回転を上げすぎると、
機体の破損、モーターの焼き付きなどを起こす恐れがありますで、
注意して行ってください。

 諸元

  材質 : ABS樹脂 一体成型

  1枚の重量:80g(プラスマイナス1g)

  幅 : 400mm

  価格 : 1枚  ¥10,000円×8枚+消費税




よろしくお願い致します。 フォトグラファー 酒井 一郎 ( photographer Ichiro Sakai )